Get the latest in programmatic yield management

Adomikがプログラマティックマーケットインテリジェンスインデックス、「WATCH」を発表

プログラマティックに関わる全てのプロフェッショナルのためのプログラマティックマーケットインテリジェンス、価格設定、及び最適化ツール

Adomikプラットフォームは元々、パブリッシャーがプログラマティック収益をモニター、及び最適化するためのツールとしてつくられました。 Adomikはプログラマティックマーケット全体をモニターするためのプログラマティック広告データセットを構築してきました。

Adomikのビジョンは、マーケット全体の取引を促進し、プログラマティックに関わる全てのプロフェッショナルが利用できるプログラマティック広告のプラットフォームを開発することです。

マーケットデータを活用するには?

Adomikは、他よりも多くのソース(SSP、広告サーバー、ネイティブプラットフォームなど)からプログラマティック広告のデータを集約しています。これにより、Adomikは、プログラマティックバリューチェーンにおいて比類なき可視性を実現します。

マーケットデータを活用して、プログラマティックエコシステムを向上させる

そこで、「このデータを活用して、バイサイドからセルサイドへの予算の流れを緩和する方法とは?」という疑問が生まれました。

今日、Adomikはこの精神でSSP、DSP、代理店/バイヤーとの関係を開拓しています。「プログラマティックマーケットデータ」をプログラマティックに関わる全てのプロフェッショナルと共有すること、及び追加データを収集、集約することに関しては次のような目的があります。

  • フラグメンテーションと透明性の問題に取り組む
  • デマンドを満たすために、また摩擦を取り除くことにより、マーケットの流動性を高める
  • パブリッシャー、セラークライアントへの収益の流れを増やす

Adomik WATCH

プログラマティックエコシステムを向上させる

WATCHは、複数の統合タイプ(prebid、EB、TAM)を介して、複数のマネタイゼーションプラットフォームから国ごとに集約された統合データに基づくプログラマティックマーケットインテリジェンスインデックスです。

WATCHは、ブランド、バイヤー、ビッダー、SSPによって分類されます。

プログラマティックマーケット内の全てのデマンドをモニターすることが理想的です。
ライブデータへのアクセス、シェア・オブ・ボイス予算の詳細、ブランドとバイヤー間の支出の割り当て、CPM、販売チャネル、供給ルートなどを提供します。

WATCHマーケットインテリジェンス

プログラマティックマーケット全体のプログラマティックキャンペーンアクティビティ、CPM、インベントリのトレンドをモニターします。

トップブランド、トップバイヤー、トランザクションタイプのフィルターを使用して、3か月のデータ履歴をテーブルで利用できる使いやすいユーザーインターフェイス。

Watch_Screenshot_image1-1-768x440

Adomik WATCH

Watchの次のステップ

  • WATCH Price

マーケットのベストプラクティスとインプレッションの公正な市場価値に基づいて価格戦略を調整します。

  • WATCH Bridge

プログラマティックバイヤーとセラー間のトラブルシューティングと最適化をサポートします。

Adomik WATCHは、日本、米国、英国、オランダ、ベルギー、フランス、スペイン、イタリア、及びドイツで利用可能です

WATCHまたは今後のWatchプロダクトの詳細については、以下よりお問い合わせください!

 

Reportの新しいメトリクス:CTRとViewability

Reportのプラットフォーム内でCTRとViewabilityのメトリクスの提供を開始致しました。

Reportは、すべての広告データを単一の総合的なダッシュボードに統合する最初のクロスチャネルデータ集約ツールです。

Reportにログインすると、「CTR & Viewability mode」に切り替えることができます。

New_Metrics_in Report_Click_Through_Rate_and_Viewability.jpg

Adomik Report

CTRとViewabilityのメトリクスを組み合わせることで、次のことが可能になります:

  • Viewability、及びパフォーマンスが高いプレースメントの特定
  • 高性能スコープをパッケージ化して取引を管理
  • CPM、CTR、及びViewabilityの相関関係をモニター
  • トランザクションタイプ、デバイス、フォーマット、広告スロットなどのさまざまなディメンションを通じてメトリクスの進化をトラッキング
  • 戦略の変更後の経時的なメトリクスの進化をモニター

また、CTRとViewabilityのメトリクスを提供するインプレッションの割合を明確にするために、「カバレッジ(Coverage)」メトリクスも提供しています。

Report、及び新しいディメンションの詳細については、以下をクリックしてお問い合わせください!

弊社のセールスチームがご連絡し、ご質問にお答えします。

 

 

 

 

New Adomikケーススタディー:Cox Automotive

「Adomikを使用する前、私たちのプログラマティックチームはマネタイジングパートナーからのデータをExcelファイルに引き出し、データをピボットテーブルに収集、チャート化してから分析をしていました。 Adomikを使用してからは、広告レポートを提供するためのデータ収集に時間を割かなくてよくなりました。これで、最終的に正しい洞察で分析に時間を費やすことができます。」

Cox_Automotive_logo.svgRavikumar Munukutla    プリンシパルプロダクトマネージャー

 

 

 

問題と課題

ヘッダービディングの採用

Cox Automotiveは2018年後半からヘッダービディングラッパーの実装を開始し、Google Adxだけでなく、AppnexusやOpen Xなどの他の取引所でも在庫をオークションにかけていました。そして、以下のような課題に直面しました:

  • さまざまなプラットフォームからデータを収集するのは難しく、時間がかかりました。
  • 異なる取引所から得ていたデータは、異なる粒度、形式でした。
  • Cox Automotiveはたくさんのデータを持っていましたが、ビジネスのために実用的な洞察を得るのは困難でした。

つまり、Cox Automotiveは複数のマネタイジングプラットフォーム、ツール、チャネル等、多くのパブリッシャーが抱える問題に直面しました。

ソリューション

Cox Automotiveのプログラマティックチームは、Adomikが「まさに探していたツール」であったと述べます。複雑な広告スタックの管理のためにデザインされたAdomikプラットフォームはすべてのマネタイジングパートナーからデータを収集、統合し、一つのダッシュボードで利用できます。

Cox Automotiveは、これらの課題を解決するために2018年9月からAdomikのREPORTおよびMANAGEを使用しています。それ以降、Cox Automotiveは次のようなメリットがあると述べます

  • ダイレクト、ヘッダー、ネイティブ、ギャランティード、PMP、検索、プログラマティックレポーティングなど、スタック全体でCox Automotiveデジタル広告アクティビティの統合された正確なデータにアクセスできるようになりました。
  • 不一致のないAdomikのマッピングエンジンによって、SSPデータを調和させます。
  • 広告主のクロストランザクションタイプごとにCPMを並べて比較し、最も詳細なレベルの収益トレンドを特定します。
  • レポートには最大24か月の履歴があるため、前年比の広告レポート比較にアクセスできます。
  • カスタムレポートでチームの効率を向上させます。
  • SSP全体のキャンペーンの効率とバイヤーの行動をモニタリングします(サプライパス最適化)。
  • プロダクト、及びプラットフォーム全体で価格戦略を評価、及び調整します。
  • ケース毎のレポートと分析のために、データレイク、ファイナンスIS、及びBIツールでデータを収集します。

Adomik REPORTにより、Cox Automotiveのプログラマティックチームは複数のインターフェースを使用する代わりに、全て一つのプラットフォームで各SSPのデータの全体像を把握できます。ツール内では、さまざまなディメンションで検索をフィルタリングして、分析したい適切な情報のみをターゲットできます。

 

 

 

The Guardian(英)が語る:ヘッダービディングの影響、Adomikプラットフォームの効果的な使用方法

英国のパブリッシャーは、ロンドンで行われたイベントに参加し、The Guardianを含む英国のクライアントとパネルで「レポーティング」に関する課題について議論しました。

The GuardianのプログラマティックソリューションヘッドであるAndrew Hayward-Wright氏にインタビューし、彼のチームがプログラマティック広告をどのように管理しているかについてお話いただきました。 

The Guardianチームがどのようにして弊社のプロダクトであるReportSellを使用し、すべての広告ビジネスを一か所にまとめ、販売活動をより的確にターゲットしているのかについての詳細は以下のインタビュー映像(英語)をご覧ください。

ビデオ

Andrew Hayward-Wright氏(The Guardian)、ロンドンにて

インタビュー

Adomik:ヘッダービディングは御社のビジネスにどのような影響を与えましたか。また、実際にプラスのメリットのあるサーバー側ソリューションへのマーケットシフトを感じられましたか。利点と課題は何だと考えられますか。

ANDREW HAYWARD-WRIGHT氏:ヘッダービッディングにより、より多くのパートナーを獲得し、ディマンドをテストし、サプライパス最適化を検討し、ディマンド側やバイヤーとはThe Guardianのインベントリの購入の際にどのルートが一番良いかなど、お話をする機会が増えました。

サーバー側への移行に関しては、長い間クライアント側をテストしました。明らかに、SSPの一致率とパフォーマンスに関しては利点がありますが、物事の規模とコントロールに関しては限界があります。

そのため、サーバー側では約2年前にSonobiでテストを開始しましたが、現在はサーバー側に接続しているOzone Project、News、Telegraphに進出しています。そして、それを継続したい理由は、マーケットでの採用が始まり始めているからです。アダプターを入手することでより多くのパートナーをより迅速にスケーリングできるという点で、その成功を感じられます。また前に述べたように、デマンドの特徴にフォーカスすることができ、一か所に全てを配置することで、運用チームが使用しやすくなり、営業チームも同様に設定しやすくなります。

 

Adomik:The GuardianはAdomikプラットフォームをどのように使用していますか。

ANDREW HAYWARD-WRIGHT氏:The Guardianではオペレーション、セールス、ビジネスインテリジェンス、データインサイト、ファイナンスなど、複数のチームがAdomikプラットフォームを使用しています。

当社のビジネスインテリジェンス、及びデータインサイトチームは、最初にマクロレベルでAdomikプラットフォームを使用して、ビジネスアクティビティと使用可能な情報を把握し、その後、詳細に調べて、これを独自の編集データ、及びその他のノンプログラマティックデータと比較し、有益な洞察を引き出します。

セールスチームは、バイヤーがオープンエクスチェンジでアクティブ化するようなスポットチェックとして使用し、セールスファンネルを押し上げることについて、彼らと会話する時間をつくり、PMPを通してより良いパフォーマンスができるようサポートすることができ、プログラマティック保証である場合、潜在的にはより良いオプションでしょう。

運用チームはこれを参照ポイントとして使用し、何が起こっているかどうかを確認します。季節性によるものではないSSPの予期しない低下が見られる場合、何か問題のあるようなエクスチェンジに行ってすぐに修正することは非常に危険です。過去に、収益へ大きな損失を引き起こした問題が最終的に明らかになったときに、収益の数値を処理するのに数週間かかりました。ですから、今日はその場でより多くのことができ、進行中に最適化することができます。

Adomikブレックファーストイベント

Adomikのブレックファーストイベントは、スタックについてより深く理解したいパブリッシャーのためのイベントです。 ブレックファーストイベントでは、収益化に関する課題についてディスカッションします。

Adomik breakfast Panel

Adomikブレックファーストイベント、2018年12月、ロンドン

 

The Guardianが使用しているReportとSellについて質問がある場合はお気軽にご連絡ください!:

 

 

 

AMP枠のフロアプライス最適化  対応開始

Adomikの価格最適化ソリューション Priceにおいて、ディスプレイ広告だけではなく、Accelerated Mobile Page(モバイル広告枠のAMP)も対応可能になりました。

ディスプレイ、アプリ、動画などの広告枠はすでにサポートされていますが、AMPタグを利用できる収益化パートナーは少ないため、引合いも限定的でしたが、Adomikの在庫最適化リストにAMP広告枠を追加することで収益率を向上させることができるようになりました。

Continue reading “AMP枠のフロアプライス最適化  対応開始”