(GAM統一価格設定ルールのベストプラクティスに関する3シリーズのパート3)→ パート1 / パート2はこちらから

統一価格設定ルールへの移行ポリシー

Adomikは、価格設定ルールを統一価格設定ルールに変換するための専用のプロセスとツール「UPR Translator」を開発しました。UPR Translatorは以下のようなのベストプラクティスを考慮に入れています。

統一価格設定ルールへの変換のために以下の事項を適用してください。

UPR_Best_practices_1UPR_Best_practices_2UPR_Best_practices_3

 

上記は基本的なベストプラクティスですが、管理がより複雑な状況もあります。以下、 複雑な状況の例、及びAdomikがお勧めする対応方法のリストです。

複雑な状況の事例

 

UPR_Complex_situation_1UPR_Complex_situation_2UPR_Complex_situation_3UPR_Complex_situation_4

ファーストプライスオークションへの移行後にすべき事

ファーストプライスオークションへの移行後、統一価格設定ルールがトラフィック全体に適用されるようになった時の3つの推奨事項は

分析、分析、そして分析です🙂

そして短期的には:

  • バイヤーがどこで入札しているのかを理解、対応し始めるために、新しいGoogleツール(2019年8月にリリースされる)を使用して入札データを分析します。
    SPOが目に見える影響を生み出していて、一部のキャンペーンで御社のインベントリーの購入が中止された場合、バイヤーが御社のフロアの値に基づいて入札とCPMを時間の経過とともに減少させているかどうかを特に理解してください。
  • はっきりとした全体像が見えてきたらフロアの調整を始めましょう。入札単価が下がっているのがわかるところで、テストフロアが上がります。重要なキャンペーンが中断されていると思われるフロアを減らしましょう。さらに、将来のビッドシェーディングを回避するために、入札と比べてフロアが低すぎる場合はフロアを増やすことが役立つ場合があります。フロアの値を下回る大量の入札が表示された場合は、フロアを減らすこともできますが、ビッドシェーディングには注意してください。バイヤーが入札単価を引き下げると、CPMが低下します。

Adomikは、バイヤーの行動を分析、及びシミュレーションし、フロア変更の影響を予測、その結果をマーケットの他のパブリッシャーと比較するための方法論とツール「UPR Translator」開発しました。 UPR Translatorは弊社主力製品「Price」に搭載されており、統一価格設定ルールを最適化するのに大変役立ちます。

以下、UPR Translatorのいくつかのメリットです: 

  • 自動的に御社のGAMコンソールにUPRを作成することが可能になります。すなわち、 サプライパスの影響を加味し、機会損失の可能性を検出することができます。
  • お客様が活用されている全てのチャネルにわたるUPRの収益への影響を考慮します:GAM Ad Exchange vs. Exchange bidding、ヘッダービディング、非保証型キャンペーン、およびバックフィル。
  • Adwordsの専用の最適化など、収益を最大化するフロアを定義します。

弊社は、統一価格設定ルールがExchange bidding、Header、および非保証型キャンペーンからの収益にどのように影響を与えるかのシミュレーションをご提供し、どのオプションが最適かを判断できるようにフロア調整について弊社の専門チームがアドバイスをさせていただきます。

(GAM統一価格設定ルールのベストプラクティスに関する3シリーズのパート3)→ パート1 / パート2はこちらから

Tags :

Non classé アドミック プライス パブリッシャーのリスク ファーストプライスオークション ベストプラクティス