どれくらいの頻度で収益のトレンドをキャッチし、変化に対応していますか?マーケットの定期的な変化に追いついていますか?日によって変化する収益の要因は次のような理由で異なる場合があります:

  • マーケット内の新しい予算
  • 特定の広告者への支出を停止したり、新しいブランドのための取引を始めるバイヤー
  • あるSSPから別のSSPに予算を転移するバイヤー(いわゆる「サプライパス最適化」、または「チープルート」)

率直に言って、これらすべてのリアルタイムに起る様々な変化に対応するのは誰でもうんざりしますし、素早く対応するのは簡単なことではありません。

簡単に言えば、このようにして御社は潜在的な収益機会を逃しています。

 

Adomik-Report-mapped-data-mapping-save-time-data-collection-reporting

 

スタックの変更による影響の数値化、欧州内でのGDPRの出現、季節的な変化、マーケットのリアルタイムの変化、迅速に対応する方法の探求など、チームにとって多くの時間とリソースを必要とします。

この記事では、データを効果的に使用し、トレンドを検出し、それに応じて対応する方法について説明します。

 

スタック全体の変更を監視す

リアルタイムのデータをタイムリーに監視、変化に応じて素早く対応できるのであれば、リアルタイムデータは有効です。

分析する前に、御社のチームは、さまざまなチャンネルから数字を抽出し、それらをスマートな方法で結合、各バイヤーの支出を把握し、その結果、さまざまなマネタイジングプラットフォームでCPMとインプレッションを比較する必要があります。

 

データを取得、そして集約するのが最大の課題です

データ集約には数時間から数日かかることがあります。これらの分析中に直面する可能性がある課題の一つは、一部のディメンション(バイヤー、ブランド、パブリッシャーなど)が異なるプラットフォーム間で同様に識別されないことです。

これが通常のやり方です

非常に一般的な戦略は、GAM、AppNexus、Criteo、Improve、Index Exchangeなどのプラットフォームからさまざまなレポートをエクスポートすることです。それから、各バイヤーについての見通しを得るためにデータを結合し、集約、そしてマッピングします。以下、バイヤーVivakiを例として取ります。

 

Adomik-Report-data-mapping-collection-visualization-advertising

 

比較、および変化を検出できるようにするには、さまざまなバイヤーに関するデータを取得する必要があります。すべてのバイヤーに対して同じような作業をすると、少なくとも半日はかかるでしょう。広告主についてはここでは話していません…そしてメンテナンスについても考えなくてはなりません。

「レポート(以下、Report)」を使って、御社はどうやって変化に対応するべきか

引き続きVivakiの例をお話しますと、Adomikのレポーティングプラットフォーム「Report」を使うと、バイヤーをフィルタリングしてからマッピングを適用してバイヤーの支出を包括的に把握することができます。

この作業はたったの30秒しかかかりません。

Adomik-Report-mapped-data-mapping-save-time-data-collection-reporting

このようにして、この作業に費やす時間を削減することにより、残りの時間を戦略など、さらに掘り下げて分析することに時間を費やすことができます。

各パートナーからのデータを集約し、標準化する時間を節約し、日々のチャンスを捉え始めることができます。

 

収益のトレンドを予想

統合されたデータセットが用意できると、実際に収益に影響を与えるトレンドを掘り下げることができます。

ステップ1:御社のスタックの見通しを知るために適切な期間を選択してください。

Report」カレンダーでは、さまざまな異なる時期を比較することで、変化を検出するためのスタックの日々の詳細の展望を得ることができます。新しいキャンペーンをモニターして最新の変更を測定する場合は、1週間くらいを見て最新の情報を入手するのが最善です。たとえば、9月末と比較して10月に開始された新しい変化をモニターすると、残りの月の動きを予測するのに役立ちます。

 

Adomik-Report-time-period-selection-data-flexibility-year-on-year-monitor-revenue-trends

 

選択した期間について、マネタイジングパートナー(広告サーバー、SSP)間の変動を視覚化し、それらをさまざまなカテゴリー(マネタイジングチャネル【オープンオークション、PMP、保証付き】パブリッシャーなど)に御社のスタック全体で分類することもできます。これは次回深く掘り下げて分析する前に主要なトレンドの全体像が見ることがます。

ステップ2:マネタイジングパートナー間の変化を検出する

マネタイジングパートナーを比較すると、どのパートナーが御社のインベントリーへの支出を削減しているかを簡単に確認し、クリックすることでさらに詳細まで追求できます。

 

Adomik-Report-detect-change-monetization-partners-AdX-Google-Ad-Manager-revenue-trends

 

収益を生み出す2番目に大きな要因である「GAM  – Google AdX」を見てみましょう。前月に比べて支出が減少している理由と、さらなる減少を回避するために御社でできることがあるかを確認します。

ステップ3:御社のトップバイヤーの中で、どのバイヤーが御社の収益に最も大きな影響を与えるかを追求してみてください

次に、レポートを分類して上位のバイヤーの「収益比較」を調べて、選択した最後の期間と比較した収益の変化をモニターできます。「取引タイプ」の種類別の内訳を見て、収益の大きな変化を見つけましょう。

 

Adomik-Report-advertising-revenue-trend-monitoring-top-buyers-revenue-impact

 

Accuen OMGを例にとると、10月の最初の週にすべての取引タイプ(オープンオークション、ディール、ファーストルック)で支出が43%減少しました。しかし、詳細を知らずにどのバイヤーが支出を減らしたのかを知るだけでは不十分です。フィルターをクリックしてこのバイヤーを絞り込み、さらに深く掘り下げて分析し、支出減少の理由を探ります。

ステップ4:バイヤーの収益減少の理由の背景にあるブランドを確認します。

結果を段階的に分類すると、GAM-Google AdXでAccuen OMGの支出が減少した主な要因が理解できます。トップキャンペーンをふるいにかけることによって、「日産」がこの低下につながる主な「貢献者」であることがわかります。

 

Adomik-Report-brands-buyers-revenue-drivers-impact-monitor-trends

 

ステップ5:このマイナスのトレンドによって影響を受けたインベントリーを特定します。

これでもう御社のインベントリーはブラックボックスになることはありません。「Report」を使用すると、ディマンドの変化によって影響を受けたインベントリーを特定できます。

 

Adomik-Report-Google-AdX-Google-Ad-Manager-advertising-inventory-monitor-deals

 

上記のフォーマットを見ると、Google AdXの収益の減少は、主にAccuen OMG支出内の日産の半ページ(300×600)とモバイルバナー(320×250)の減少によるものです。

ステップ6:深い探求はここで終わりません!

御社の目標に応じて、他の方法ではアクセスできない情報までも、「Report」でさらに深く掘り下げて分析することができます。

 

Adomik-Report-Google-Ad-Manager-AdX-deals-monitor-trends

変化に素早く対応し、チャンスを逃さないでください!

トレンドをどのようにしてチャンスに変えることができますか?

最大かつ最適なディマンドの流れ、機会損失、インベントリーを把握し、キャンペーン、及びバイヤーの次の動きを予測できるようにするには、リアルタイムのデータを活用してそれに素早く対応する必要があります。すべてのスタックを詳細にモニターし、インベントリーとディマンドのエコシステムに関する統合された分析を行うことは、セールス、オプティマイズ、ad ops、収益チームの成功と効率にとって不可欠です。

Report」によって収益の変化を特定できたので、次の方法でこれらのトレンドの背景にある本当の原因について分析することでフォローアップします。

  • バイヤーに直接連絡して、何か問題があるかどうかを理解し、詳細で実用的な分析を提供します。
  • Report」の「ビッダー」ディメンションを使用し、問題が実際にバイヤー全体であるかどうか確認し、トラブルシューティングするために直接DSPに連絡することもよいでしょう。

Adomikのマーケットインテリジェンスとベンチマークツールである「Sell」を使用すると、ついに「このトレンドは正常ですか?」という質問に答えられるようになに、それに応じてセールスを調整したりできます。 

Adomikについてさらに知りたいという方は以下をクリック!:

 

 

 

Tags :

アドミックレポート